ベーキングパウダー・ソーダ(重曹)・イーストの違い

手作りのお菓子作りって女子の憧れですよね。何か作ってみたいな・・・と、お菓子作りやパン作りのレシピを見ていると、ケーキやクッキー、パンやスコーンなど、それぞれのレシピごとに「ベーキングパウダー」や「ベーキングソーダ(重曹)」、「ドライイースト」などの生地をふくらませるための材料が書かれています。

どれも生地をふんわりとふくらませるものなのに、あれこれ使い分ける必要があるのでしょうか? また、違いはあるのでしょうか?  

今回は、そんな知っているようで知らないこれらの材料の違いと特徴についてまとめました。 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベーキングソーダとは?

ベーキングソーダ

「ベーキングソーダ」とは、日本語では“重曹(炭酸水素ナトリウム)”のことです。

ベーキングソーダは加熱したり酸性の液体と混ぜたりすることで炭酸ガス(二酸化炭素)を発生し、そのチカラで生地をふくらませることができます。


ベーキングソーダ(重曹)が向いているもの

ベーキングソーダ、どら焼き

ただ、ベーキングソーダ(重曹)を使うと独特の苦みや風味があり、生地が黄色っぽくなるという特徴があります。真っ白なシフォンケーキなどには向いていません。その代り、ベーキングソーダ(重曹)は水に混ぜただけでは反応しないので、生地を寝かせてから焼くお菓子作りに向いています。

例えば、焼き上がりの色が濃い“どら焼き”や“お饅頭”などの皮を焼く時に使用されることが多いようです。自宅に「ベーキングパウダー」がなくて困った…というときには「ベーキングソーダ(重曹)」で代用することができますが、その時には分量を半分程度に減らして使用しましょう。


ベーキングパウダーとは?

ベーキングパウダー

「ベーキングパウダー」と「ベーキングソーダ(重曹)」は同じものだと勘違いしている人が多いようです。確かに名前が似ていますがこれらはそれぞれ別のものです。

「ベーキングパウダー」の主な成分は、重曹(ベーキングソーダ)なのですが、重曹はアルカリ性です。アルカリ性のベーキングソーダには弱点、つまり独特の苦みがあることや生地が黄色っぽくなるという特徴があります。

そこで、酸性を混ぜて中性にし、その弱点をカバーするために工夫されたものが「ベーキングパウダー」です。「ベーキングパウダー」には、酸味のある果物(ブドウなど)に含まれる「酒石酸(しゅせきさん)」「クエン酸」「リン酸カルシウム」などを加えられ、保存している間に化学反応が起きないように、コーンスターチなどのデンプンが混ぜられています。

簡単に言うと「ベーキングパウダー」の成分の中に「ベーキングソーダ(重曹)」が含まれているというわけですね。


ベーキングパウダーが向いているもの

ベーキングパウダー、シフォンケーキ

「ベーキングパウダー」は重曹のようなクセがないので、スポンジケーキやシフォンケーキ、クッキーやパンケーキなど、白くふんわりと仕上げたいさまざまなお菓子作りに活用されています。注意しなければいけないのは、「ベーキングパウダー」は、水に混ざるとすぐに炭酸ガスが発生しますから、生地を作ったらすぐに焼く必要があるということです。


ドライイーストとは?

パン,作り方,発酵,イースト

「ドライイースト」とは、「ベーキングソーダ(重曹)」や「ベーキングパウダー」と同じように生地をふくらませるために使用するものですが、化学的に作り出されたものではなく生きている酵母(イースト菌)を乾燥させて休眠させた状態のものです。

ですから、混ぜてすぐに化学反応によって炭酸ガスを発生させる「ベーキングソーダ」や「ベーキングパウダー」とは異なり、「ドライイースト」は生き物(微生物)ですから、生地に含まれている糖分を食べてアルコールと二酸化炭素を発生させる“発酵作用”によって生地をふくらませていきます。


ドライイーストが向いているもの

ドライイースト、パン

また、「ベーキングソーダ」や「ベーキングパウダー」よりも生地をふくらませるチカラが強く、弾力性がありモチモチとした焼き上がりになるのが特徴です。

ただ、発酵するまでに時間がかかるので、生地を作ってすぐに焼くようなお菓子には向いていません。主にパンを焼く時に使用するほか、肉まんの皮やピザ生地などにも使用されます。ドーナツやスコーンに使用するとふんわりふっくらとした仕上がりになります。


違いを知って美味しいお菓子を作ろう

ベーキングパウダー、重曹、ドライイースト、違い

いかがでしたか? 知っているようで知らなかった「ベーキングソーダ」と「ベーキングパウダー」、そして「ドライイースト」の特徴と違いについてまとめました。簡単にいうと・・・

  • ベーキングソーダ・・・重曹(炭酸)成分のみ
  • ベーキングパウダー・・・重曹(炭酸)成分に酸性の物質を加えたもの
  • ドライイースト・・・微生物の酵母菌を乾燥させたもの

ということです。

さらに、ベーキングソーダやベーキングパウダーはふくらませるチカラが弱くサクサクとした仕上がりになりますが、ドライイーストはふくらませるチカラが強くモチモチとした仕上がりになります。

また、ベーキングソーダは素朴で味わい深いお菓子に、ベーキングパウダーはふんわりした洋菓子に向いています。

これらの特徴を知ってお菓子作りに使い分けることで、作りたいお菓子に合った食感や風味に仕上げることができます。この記事を参考に、ぜひ美味しいお菓子を作ってくださいね!