藍染の藍(蓼)ポリフェノールがすごい!藍を食することの健康効果

以前、藍染も発酵の技術を利用しているという記事を書きましたが、この藍染に使う藍(蓼科の植物)の健康効果が注目されつつあります。藍の葉にはどんな効果があり、口から摂取することでどんなメリットがあるのでしょうか。

「藍ポリフェノール」に着目して、まとめてみました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポリフェノールって?

美しさや健康のためには欠かせないのがポリフェノールですが、ポリフェノールというのはどんな効果があるのでしょうか?

人間の体は良くも悪くも活性酸素のおかげで細菌や病原体から守られています。

しかし、活性酸素はとても酸が強く、体の正常な細胞まで傷つけてしまうことがあり、そのため体内に過剰になりすぎた活性酸素を抑える必要があります。その活性酸素を抑えるのに有効なのがポリフェノールです。ポリフェノールのは、抗酸化作用を発揮してくれる効果が期待できます。


藍ポリフェノールがすごいらしい!

藍の快調サポート、藍のチカラ

ポリフェノールは様々な食品から体内に摂り入れることができます。果実の皮などに多く含まれており、特に注目されているのが「藍」です。藍は、人間の体に必要な栄養素が豊富に含まれており、一緒に優れたポリフェノールが含まれています。

藍に含まれているポリフェノールのことを「藍ポリフェノール」といいますが、藍に含まれているポリフェノールはブルーベリーの4倍以上にもなります。

また、藍には一般的に青汁で使われているケールや明日葉などと比べても、食物繊維や鉄分、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。


藍ポリフェノールを摂取する方法

毎日の健康維持や老化防止に欠かせない藍ですが、どのように摂取したらいいのでしょうか。

なかなか普段の食生活で、藍の葉を食するという機会は少ないと思います。しかし、最近は藍の葉を利用した健康食品が販売されています。

今回は、特に藍のチカラに注目して、藍を含むサプリメントなどを販売している「純藍株式会社」さんのアイテムを紹介しておきます。これらを利用して、藍の持つ力を活用して体の健康維持や老化防止に役立てましょう。


藍の青汁

藍の青汁

藍の葉を使った青汁です。青汁の材料としてよく用いられる有機大麦若葉、有機桑の葉・自生クマザサを合わせて配合していますので、さらに栄養バランスがアップ!

青汁によく使用されている素材にケールがありますが、藍の葉にはケールよりも豊富に食物繊維やミネラルが含まれています。そのため、藍の葉を含む青汁を利用することは、ケールや明日葉以上の効果が得られるかもしれませんね。



うる藍バリア

うる藍バリア

藍には、体を正常に戻そうとする力があり、においの原因をブロックすることができるといわれています。また、藍ポリフェノールの抗酸化作用も注目したいところです。

その藍の特性を利用して開発されたのが、体臭・口臭サプリ「うる藍バリア」です。

飲みやすい顆粒タイプで、気になるときにさっとケアできるという手軽さもうれしい点です。



藍の快調サポート

藍の快調サポート

オリゴ糖と食物繊維に藍ポリフェノールを加えた、粉末状の健康食品です。ほんのり甘く、飲み物にもさっと溶けるので、コーヒーなどの飲料や料理など幅広く使うことができます。

腸内環境を整えて健やかな毎日を目指して作られたものですので、毎日スッキリできていない人やぽっこりお腹が気になる人にもおすすめです。